【きょうの料理】白菜の即席キムチ風の作り方。藤井恵さんの「かんたん白菜レシピ」

きょうの料理

2023年1月9日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、藤井恵さん「白菜の即席キムチ風」の作り方をご紹介します。

旬を迎えたみずみずしい白菜で、簡単につくれておいしいレシピを教わる2日間。1日目は、藤井恵さんに外葉から中心まで、それぞれの部位を生かして味わいつくす白菜レシピを教わります。

白菜の軸はご飯に混ぜ、外側の葉を加えた和風のあんをトロリとかけた「白菜の和風あんかけチャーハン」。白菜の内側の葉を電子レンジにかけて、白さと甘みを生かした「白菜のグラタン」、「白菜の即席キムチ風」を伝授。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

白菜の即席キムチ風の作り方


出典:きょうの料理

煮干しやナムプラー、はちみつを合わせることで、長く漬けなくても深いうまみがでます。数日おくとまろやかになり、できたてとはまた違った味わいに。

材料(つくりやすい分量)

  • 白菜(中心部分の内側):400g
  • ねぎ:5㎝
  • にんにく:1かけ
  • しょうが:1かけ
  • 煮干し:(小)10g

[A]

  • 粉とうがらし(韓国産):大さじ2(韓国産がなければ、一味とうがらし小さじ1/2でもよい)
  • はちみつ:大さじ1
  • 金ごま(または白ごま):大さじ1
  • うす口しょうゆ:大さじ1/2
  • ナムプラー:大さじ1/2

スポンサーリンク

作り方

  1. 白菜は四つ割りにして4~5㎝長さに切り、軸はさらに縦半分に切る。ボウルに入れ、塩(小さじ1/2)をふってまぶし、しんなりとするまでおく。
  2. ねぎはみじん切りにする。にんにく、しょうがはすりおろす。煮干しはすり鉢かミルなどで細かくすりつぶす。
  3. 別のボウルに(2)と[A]を入れてよく混ぜる。紙タオルで(1)の水けをよく押さえて加え、均一になるまであえたら完成!
【保存】清潔な保存容器に入れて、冷蔵庫で5日間。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました