【きょうの料理】さばのキーマカレーの作り方。鳥羽シェフのレシピ

きょうの料理

2022年8月23日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、鳥羽周作さんに教わる「さばのキーマカレー」の作り方をご紹介します。

料理界きっての熱き男・鳥羽周作シェフと、炎が生んだ太古の調理器具・土器のドッキーがおくる、強火な心で料理を楽しむシリーズ企画『強火で行こうぜ!』。今回は”夏に食べたいカレー”とカレーと相性抜群の2品を紹介!

ひき肉とさば缶をダブル使いした「さばのキーマカレー」、「オクラとみょうがのサラダ」、「グレープフルーツティー」です。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

さばのキーマカレーの作り方


出典:きょうの料理

材料(3~4人分)

  • 合いびき肉:200g
  • さばの水煮(缶詰):1缶(190g)
  • たまねぎ:2コ(300g)
  • ピーマン:1コ(40g)
  • パプリカ(赤・黄):各1/4コ(各40g)
  • ミニトマト:5コ
  • おろしにんにく(チューブタイプ):大さじ1強(15g)
  • カレー粉:大さじ3・1/3(20g)
  • 牛乳:カップ1

[A]

  • 中濃ソース:100g
  • トマトケチャップ:100g
  • マンゴーチャツネ:20g(※またはりんごジャム)
    しょうゆ:小さじ1弱

  • ご飯(温かいもの):適量
  • ゆで卵(半熟):3~4コ ※下記参照
  • サラダ油

作り方

  1. たまねぎはみじん切りにする。ピーマンとパプリカはヘタと種を除き1cm四方に切る。ミニトマトは半分に切る。
  2. フライパンにサラダ油(適量)をひき、ひき肉を入れて中火で炒める。色が変わったらざるに上げ、余分な脂を落とす。
  3. フライパンを拭いてサラダ油(適量)をひき、再び中火にかける。にんにく、たまねぎを順に入れ(油はねに注意)、塩(少々)をふり、たまねぎがしんなりするまで炒める。
  4. ピーマン、パプリカ、ミニトマト、(2)のひき肉を加え、軽く炒める。全体がなじんだらカレー粉を加え、粉っぽさがなくなるまでまんべんなく炒め合わせる。
  5. 牛乳を加えて混ぜ、[A]を順に加える。さばを缶汁をきって加え、ほぐしながら混ぜて5分間ほど煮込む。
  6. 器にご飯を盛って(5)をかけ、半分に切ったゆで卵をのせたら完成!
スポンサーリンク

半熟卵の極意!

カレーにのせるゆで卵、ベストなゆで方を大公開!

作り方

  1. 鍋にたっぷり湯を沸かす。
  2. 冷蔵庫から卵を出して、穴あきの玉じゃくしで「そーっと」湯に入れる。
  3. 湯が沸いている状態をキープして6分15秒。
  4. 卵を湯から取り出し氷水に30秒浸す。
  5. ツルンと殻をむいてでき上がり!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました