【きょうの料理】たらの塩レモン蒸しの作り方。今井亮さんのレシピリレー「私のレモン活用術」

きょうの料理

2022年2月22日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、料理研究家・今井亮さん「たらの塩レモン蒸し」と「塩レモン」の作り方をご紹介します。

今回は、月に一度のとっておき!レシピリレー。今月のお題は『私のレモン活用術』。6名の講師のみさなんが自慢の「簡単レシピ」をリレー形式で紹介!ビタミンCたっぷり!旬のレモンの万能レシピが続々登場!ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

たらの塩レモン蒸しの作り方

材料(2人分)

  • 生だら(切り身):2切れ(200g)
  • 塩レモンの漬け汁:小さじ2
  • たまねぎ:1/2個(100g)
  • ミニトマト:4個
  • 白ワイン:大さじ1
  • 塩レモン:2枚
  • パセリ(みじん切り):大さじ1
  • オリーブ油
塩レモンの作り方は下記をご参照ください。

作り方

  1. たらは水けを拭き、塩レモンの漬け汁を揉み込み、5分間程おく。たまねぎは縦1㎝幅に切る。ミニトマトはヘタを除いて横半分に切る。
  2. フライパンにオリーブ油(大さじ1/25)を入れ中火で熱し、たまねぎを1分間ほど炒める。端の寄せ、あいたところに白ワイン、水(カップ1/4)を加える。たらを並べ、スプーンなどで表面を軽くぬぐった塩レモンを1切れに1枚ずつのせる。ミニトマトを加え、フタをして弱めの中火にし、6~7分間蒸す。
  3. (2)のたらを野菜を器に盛る。フライパンに残った蒸し汁にパセリを加え、30秒間ほど中火で熱し、たらにかければ完成!
スポンサーリンク

塩レモンの作り方

材料(つくりやすい分量)

  • レモン(国産):3個(300g)
  • 粗塩:60g(レモンの重量の約20%)

作り方

  1. レモンはヘタを除き、皮ごとよく洗って水けを拭き、7~8mm厚さの輪切りにする。
  2. 清潔な保存容器に、粗塩の約1/5量を入れ、レモンの役1/4量を重ねる。残りも同様に交互に重ね、塩でふたをする。容器にふたをし、1日に1度揺すって、室温に2週間おく。
    2週間後から食べることができ、1か月後くらいが食べ頃。
【保存】漬けてから室温で1か月間。それ以降は冷蔵庫で3か月間。

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました