【相葉マナブ】きびおはぎの作り方。名店”沖田精米”の餅レシピ

相葉マナブ

2023年1月8日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、旗の台にあるお米屋さん”沖田精米”の「きびおはぎ」の作り方をご紹介します。

今回は、千葉県柏市の農家さんが作る、お米の白さとコシの強さが特徴の“ヒメノモチ”という食感がとてもなめらかなもち米を使っての新春恒例のお餅つき。その後は、つきたてのお餅を使って、名店のお餅料理作りに挑戦!

まずは、東京にある名店から、ポイントを教わりつつ“豆大福”&”恒例のあんこ作り”、岐阜県の名店より貴重な“中鉄砲”という大豆を使った“きなこ餅”、お米屋さんが教えてくれる“きびおはぎ”、秋田県のご当地お菓子である“バター餅”など、絶品お餅料理が続々登場!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

きびおはぎの作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

東京都品川区旗の台にあるお米屋さん”沖田精米”から教わった、家庭でも作りやすいレシピです。

材料(8個分)

  • もち米:230g
  • もちきび:70g
  • 水:420ml

[あずきあん]

  • 小豆:350g
  • 水:550~600ml
  • ザラメ:250g
  • 水あめ:40g
  • 塩:3g
スポンサーリンク

作り方

  1. 小豆は一度渋きりした後、分量の水を加えてやわらかくなるまで煮る。
    途中、水分がなくなるようであれば様子をみながら水を足し、小豆が水面から出ないようにする。
  2. 小豆がやわらかくなったらザラメ、水あめ、塩を加えて弱火で煮詰めていく。
    小豆をなるべく潰さないよう、底からゆっくりとヘラを動かすと良い。
  3. さっと洗ってしっかりと水気を切ったもち米、もちきびを炊く。
  4. 炊いたもち米をまとめるようにしながら軽く握り、温かいあずきあんをかけたら完成!
    程よい加減でもち米を潰さずにこねる。

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました