【相葉マナブ】みたらし団子の作り方。新春恒例!第6回マナブ餅つき

相葉マナブ

2022年1月9日 テレビ朝日「相葉マナブ」新春恒例!第6回マナブ餅つき!で放送された、「みたらし団子」の作り方をご紹介します。

今回は、千葉県印旛郡(いんばぐん)の農家さんが作っている、のびが良くコシと粘りが強い“ふさのもち”というもち米を使ってお餅をつき、ついたお餅できなこ餅や豆餅、大福作り!さらに、農家さん直伝 地元ならではの食材を使った絶品お雑煮や、”粒すけ”という品種のうるち米を使ったみたらし団子も!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Check!相葉くんの実家【桂花楼】の餃子がおうちで食べれます。口コミはこちら

スポンサーリンク

みたらし団子の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

おだんごもみたらしだれも、イチから手作りのみたらし団子です。もち米ではなく、うるち米を蒸して潰して団子にしています。番組では、2020年にデビューした新品種千葉県産米「粒すけ」を使用しました。「粒すけ」は、大粒でほどよい粘りと弾力が特徴の千葉のお米です。

材料(4本分)

  • うるち米:1合

[みたらしだれ]

  • 砂糖:50g
  • 片栗粉:大さじ2
  • 昆布だし:220ml
  • しょう油:大さじ1杯半
  • みりん:大さじ1
スポンサーリンク

作り方

  1. 一晩浸水させ、水けをきったうるち米を約20分蒸す。
  2. 水をはったボウルにザルを入れ、蒸した米をあけて水で洗う。
  3. 再び15分蒸し、桶(またはボウル)にあけ、切るように混ぜながら粗熱を取る。
  4. すり鉢(またはボウル)に入れ、すりこぎ(または麺棒)でひと塊になるまですりつぶしたら、さらに粒がなくなるまで手で生地をこねる。
  5. 棒状に伸ばして16等分に切り分け、1つずつ丸めて串に刺す。
  6. フライパンに砂糖、片栗粉、昆布だし、しょう油、みりんを入れて混ぜ合わせてから中火にかける。沸騰してとろみがつき、透明感が出るまで煮詰めたらたれの完成。
    昆布だしを入れると風味が増し、味がまろやかになる。
  7. 団子を焼き、お皿にのせて、(6)のみたらしだれをかければ完成!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!


当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました