【世界一受けたい授業】頭ほぐしのやり方&1週間の実践結果まとめ。ほうれい線 目の周り 二重アゴ!顔の3大たるみを解消!村木宏衣さんが伝授

世界一受けたい授業

2021年5月29日「世界一受けたい授業」で放送された、顔の3大たるみを解消する頭ほぐしのやり方をご紹介します。

今回は、奇跡の頭ほぐしの著者で頭皮ケアのスペシャリスト村木宏衣さんが講師に出演。ほうれい線・目の周り・二重アゴの顔の3大たるみの原因は頭皮のコリにあり、コリが解消する頭ほぐしのやり方を伝授!番組ではCanCan現役最年長モデルのchay(チャイ)さんが頭ほぐしを1週間実践し、たった1週間で驚異の激変!ほほやアゴがスッキリし、顔のたるみが一瞬で解消する頭ほぐしの詳しいやり方chay(チャイ)さんの頭ほぐし1週間の実践結果をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
スポンサーリンク

頭ほぐしとは

最近のマスク生活で、表情筋を作る機会が減って顔の筋肉が衰えると、顔のたるみの原因になってしまいます。大きく分けると、ほうれい線、まぶたのたるみやクマなどの目の周り二重アゴ顔の3大たるみ。その原因となるのが、頭皮のコリ。頭皮が凝って血流が悪くなると顔の筋肉の動きも悪くなり、その結果、顔を引き上げる力が弱くなりたるみやしわなどを引き起こす原因になります。その悩みを解決してくれるのが、村木宏衣先生の頭ほぐしになります。

頭皮のコリチェック

まず、指でおでこを動かしてみて、おでこの硬さと頭皮の硬さを比較してみて、同じくらいの柔らかさならOK!

ウォーミングアップ10秒頭皮ケア

ウォーミングアップ10秒頭皮ケアのやり方

  1. 人差し指と中指で耳を押さえる。
  2. 親指の付け根をほっぺたにくっつけた状態で圧迫する。
  3. このまま、斜め45℃に手を持ち上げる。
  4. 皮膚が止まるところまで持ち上げたら、圧迫をしたままで小さく円を10回、外回しにかく。
無理をしない程度に行ってください。
耳は頭皮につながっていて、耳を圧迫しながらほぐすことで、頭全体が早くほぐれやすくなり、顔が持ち上がる。すぐに効果がでても一時的なものなので、継続的に行うことが大切になります。

口を開けると効果的!

頭と食いしばりの筋肉が繋がっているため、口を閉じたままだと頭の緊張が強くなってしまいます。より効果を出すためには、口を開けながら行います。

今回教えてくれた頭ほぐしは、全て口をポカーンと開き気味で行います。

ほうれい線対策「あむあむマッサージ」

ほうれい線は、耳の上部にある側頭筋のコリが原因の一つとなります。側頭筋が凝り固まると、顔を引き上げる筋肉が使えなくなり、ほほのたるみからほうれい線ができてしまいます。ほほのたるみで起こるほうれい線を目立たなくしてくれるのが「あむあむマッサージ」です。

ほうれい線対策「あむあむマッサージ」のやり方

  1. 側頭筋(こめかみ当たりのコリコリしているところを探す)に親指をあててくりくりしながら、痛気持ちいいポイントを探す。
  2. 親指はあてたまま、人差し指と中指を耳の後ろ側をつかむようにあてて挟み、親指をひっくり返すようにテンションをかける(引き上げる)。
  3. この状態で、「あむあむあむあむあむあむ」と繰り返し、「あむ」を6回言う。
  4. また、1㎝程親指の位置をずらしてコリコリする部分を探し、(2)~(3)を同様に行う。この動作を場所をずらしながら5~6箇所行う。
部位を細かく変えて、無理のない範囲で行ってください。
「あむあむ・・・」ということで、耳の上にある側頭筋が動き、より筋肉がほぐれる効果がある。6回1セット、1日2回程度の目安で行う。
スポンサーリンク

ほうれい線対策応用編「机でうんうんいやいやマッサージ」

頭の重さと机を利用することで、手でやるよりも効果的に負荷をかけることができます。デスクワークや隙間時間にまめに行うのがオススメです。

机で「うんうんいやいやマッサージ」のやり方

  1. 指をかぎ型にして、第一関節と第二関節の間の平らな面を側頭筋にあてて圧をかける。
  2. 口はポカンと開けた状態で、寄りかかった状態で小さく「うんうんうんうんうんうん」と6回頷く。
  3. 次に、横に小さく「いやいやいやいやいやいや」と6回動かす。
  4. 人差し指の位置を変え、(2)~(3)を5箇所ほど行う。
無理の無い範囲で行ってください。
5箇所1セットで、一日2~3回行うと効果的です。

目の周り対策「グリグリマッサージ」

まぶたのたるみや目の下のクマは、額を覆う前頭筋のコリが原因の一つです。前頭筋が凝ると、目の周りが動きにくくなり、目の周りが垂れ下がってきてしまいます。現代人はスマホやパソコンを酷使しているため、特に前頭筋が凝っている可能性があります。このまぶたのたるみや目の下のクマを目立たなくしてくれるのが「グリグリマッサージ」になります。

目の周り対策「グリグリマッサージ」のやり方

  1. 拳の第一関節と第二関節の平らな面をおでこの生え際にあてる。
  2. 骨の方向に拳で圧をかけた状態で皮膚を持ち上げる。
  3. 持ち上げて止まったところで、外側に小さく「グリグリ」と5回円を描く。
  4. そのまま1㎝外にずらし、同様に持ち上げて生え際の周りを外側に小さく「グリグリ」と外回しに5回円を描く。
  5. 次にこめかみまで拳を移動し、同様に持ち上げて、小さく「グリグリ」と外回しに5回円を描く。これを髪の毛の中までやるのがオススメ。
無理の無い範囲で、目の周りを圧迫しないように行ってください。

二重アゴ対策「ゴリゴリマッサージ」

フェイスラインのたるみから引き起こされる二重アゴは、襟足辺りにある後頭筋のコリが原因の一つです。後頭筋は顔全体を後ろに引っ張る筋肉で、後頭筋が凝ると輪郭のたるみにつながる場合もあります。その二重アゴをたるみを解消するのが「ゴリゴリマッサージ」です。

二重アゴ対策「ゴリゴリマッサージ」のやり方

  1. 拳の第一関節と第二関節の平らな面を後頭部に当て、骨方向に圧をかける。
  2. 内側に「ゴリゴリ」と小さく5回スライドさせる。
  3. 拳を数センチ下げ、同様に「ゴリゴリ」と5回動かす。
  4. さらに数センチ下げ、首と頭のつなぎ目を同様に「ゴリゴリ」と5回動かしほぐす。
  5. この動作を①ライン、②ライン、③ラインと行う。
無理の無い範囲で行ってください。
首が凝ると頭の後ろも凝ってしまい、二重アゴの原因に!

フェイスラインのたるみの原因は?

フェイスラインのたるみの原因は姿勢です。猫背などの悪い姿勢が続くと、顔全体を後ろに引っ張る筋肉が弱くなり、フェイスラインのたるみの原因になります。パソコンやスマートフォンを触るときは、猫背にならないように心がけます。

chay(チャイ)さんの頭ほぐしを1週間実践結果

でかける前に自宅であむあむマッサージ、撮影の休憩時間にゴリゴリマッサージなど、時間を作って毎日頭ほぐしを1週間行った結果です。

ほうれい線や顎周りが気になっていたそうですが、1週間実践してみた結果、目のたるみは目立たなくなり、顎周りが持ち上がってスッキリとシャープになりました。

横から見ても、顎のたるみもすっきりしました。

何より、ダイエットしたわけではないのに、全体的に小顔になったように見えますね。

痛みがでないように無理をせず、まずは1週間試してみましょう。

村木宏衣さんの書籍「10秒で頭が引きあがる奇跡の頭ほぐし」

Amazon売れ筋ランキング ヘアケア・ヘアスタイル部門第1位「10秒で頭が引きあがる奇跡の頭ほぐし」。

まとめ

世界一受けたい授業で放送された、村木宏衣先生の頭ほぐしのやり方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

世界一受けたい授業で放送されたレシピやダイエットに関する記事など、他にもまとめています。ぜひ合せてご覧くださいね。 世界一受けたい授業に関する記事はこちら
日本テレビ『世界一受けたい授業』
毎週土曜 19:56〜20:54
[校長] 堺正章
[教頭先生]上田晋也(くりぃむしちゅー)
[学級委員長]有田哲平(くりぃむしちゅー)
[生徒役ゲスト]今田美桜、大谷亮平、佐藤栞里、chay
タイトルとURLをコピーしました