【相葉マナブ】新玉ねぎのパン粉焼きの作り方。旬の産地ごはん「新玉ねぎ」レシピ

相葉マナブ

2022年4月17日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、「新玉ねぎのパン粉焼き」の作り方をご紹介します。

今回の食材は、神奈川県小田原市で栽培されている『新玉ねぎ』です。新玉ねぎの特徴は、辛みが少なくやわらかいこと。今回も、地元農家の奥様から絶品料理を教わります。

まずは“新玉ねぎのパン粉焼き”。電子レンジとトースターで作る、火を使わない簡単レシピ!さらに、新玉ねぎの水分だけで作る“新玉ねぎの無水カレー”、シンプルな味付けで新玉ねぎの甘みをしっかり感じられる“かきたま汁”など、新玉ねぎをふんだんに使った絶品料理が続々登場!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

新玉ねぎのパン粉焼きの作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

材料(2人分)

  • 新玉ねぎ:小2個(200g)
  • ベーコンスライス:40g
  • オリーブオイル:大さじ2
  • パルメザンチーズ:大さじ1
  • 塩:小さじ1/4
  • 粗挽きコショウ:少々
  • パン粉:大さじ3
  • パルメザンチーズ
    小さじ1
スポンサーリンク

作り方

  1. 新玉ねぎは縦に半分に切り、1cm程度の厚さに切る。ベーコンは1cm幅に切る。
  2. ボウルに新玉ねぎ、ベーコン、オリーブオイル、パルメザンチーズ、塩、粗びきこしょうを入れて和える。
  3. ラップをかけ、電子レンジ(600W)で5分加熱する。
    加熱しておくと、焼く時間が短くなり、焦げたりしにくい。
  4. (3)を耐熱皿に移し、パン粉、パルメザンチーズをかけて、200℃のトースターで3分焼き、薄く焦げ目がつくまで焼いたら完成!

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・DAIGO・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました