【相葉マナブ】そら豆と塩昆布のツナ和えの作り方。千葉県富津市の「そら豆」

相葉マナブ

2022年6月12日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、「そら豆と塩昆布のツナ和え」の作り方をご紹介します。

今回の食材は、千葉県富津市で栽培されている『そら豆!名前の由来や、採りごろのそら豆の見分け方、そら豆を使った絶品料理を地元の奥様から学びます。

まずは、採りたてのそら豆を、七輪で焼きそら豆に。“そら豆と塩昆布のツナ和え”、ボリューム満点の“そら豆たまごサンド”、“そら豆とえびのベトナム風生春巻き”、“そら豆のクリームコロッケ”、“そら豆アヒージョ”、“麻婆そら豆”など、そら豆をふんだんに使った絶品料理が続々登場!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

そら豆と塩昆布のツナ和えの作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

材料(2~3人分)

  • そら豆:10~13本(約30粒)
  • 塩昆布:小さじ1
  • ツナオイル缶:1缶

[塩茹で]

  • 水:2L
  • 塩:大さじ2
スポンサーリンク

作り方

  1. そら豆の実をさやから取り出し、黒い筋の反対側に切り込みを入れる。
    茹でた後に薄皮が向きやすく、塩味が染み込みやすくなる。
  2. 沸騰したお湯に塩を入れ、そら豆を2分半ゆでる。
  3. 茹で上がったら網ですくいざるに上げて水けをきり、粗熱が取れたら薄皮をむく。
  4. ボウルにそら豆に、塩昆布、ツナ缶は油ごと加え、全体を混ぜれば完成!
    ツナ缶のうま味が詰まった油ごと使う。

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました