【世界一受けたい授業】茶葉入り餃子の作り方。痩せ細胞を活性化!緑茶レシピ

世界一受けたい授業

2021年11月13日放送「世界一受けたい授業」で放送された、緑茶を使った料理「茶葉入り餃子」の作り方をご紹介します。

教えてくれたのは、京都医療センター肥満・メタボリックシンドローム外来医師の浅原哲子さんです。今すぐできる『太る人痩せる人』で、痩せ細胞をおよそ2倍に活性化させる緑茶について教えてくれました。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

内臓脂肪を抑える。たっぷりカテキン緑茶

スポンサーリンク

茶葉入り餃子の作り方

材料(約25個分)

  • 緑茶(煎茶)の茶葉 茶さじ3杯程度
  • 豚ひき肉 150g
  • キャベツ 150g
  • ねぎ 1/2本
  • しいたけ 2つ
  • にんにく(すりおろし) 1片
  • 餃子の皮(普通判) 1パック

[調味料]

  • 醤油 小1
  • オリーブオイル 小1
  • 塩 小1/2
  • こしょう(パウダー)

Pickup!内臓脂肪を抑える。たっぷりカテキン緑茶

作り方

  1. 煎茶の茶葉をミルサーで細かくしておく。
  2. キャベツ、ねぎ、しいたけ、にんにくはみじん切りにする(キャベツは水抜きする)
  3. 豚ひき肉に、醤油、オリーブオイル、塩、こしょうを混ぜて、よく練り、(2)のみじん切りにしたキャベツ・ねぎ・しいたけ・にんにくを加えよく混ぜる。
  4. 茶葉を加え、まんべんなくいきわたるように混ぜ合わせる。
  5. 餃子の皮でタネを包む。
  6. フライパンで焦げ目ができるまで焼き上げれば完成!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

当ブログでは、世界一受けたい授業で放送されたレシピダイエットに関する記事など、他にもまとめています。ぜひ合せてご覧くださいね。 世界一受けたい授業に関する記事はこちら
日本テレビ系列「世界一受けたい授業
【校長先生】堺正章
【教頭先生】上田晋也(くりぃむしちゅー)
【学級委員長】有田哲平(くりぃむしちゅー)
【生徒役ゲスト】劇団ひとり、小関裕太、佐藤栞里、竹内由恵、水野美紀
緑茶ポリフェノール入り!肝臓ケアでダイエットサポート


↑詳細はこちらをクリック↑
タイトルとURLをコピーしました