猫が飼い主に送る13の「大好きサイン♡」猫に好かれる飼い主になるには?

猫との暮らし

お宅では猫をかっていますか?

我が家には2歳になるオス猫(花太郎くん)がおり、とても甘えん坊です。飼い主の前ではよく鳴き、自分の存在をいつもアピールしています。

我が家は夫婦共働ですが、私が日勤で夫が夜勤で勤務時間にずれがあり、一日中ひとりぼっちでお留守番をさせているということもないのですが、お猫さまはご不満のようなんです。

食事やトイレの世話はもちろん、鳴いてアピールをすれば構ってやり、時間を区切って好きなおもちゃで一緒に遊ぶ時間も設けています。猫が望むことを100%叶えてあげることは難しいですが、「彼を満足させてあげられていないのかな」、「どこか体調が悪いのかな」と真剣に考えてしまうこともありました。

我が家の花太郎くん(猫)は、私のことを大きい猫(母猫)だと思って接していると思います。

より愛猫から好かれるためにはどうしたらよいのか、また愛猫が大好きを伝えているサインにはどんなものがあるのかについて調べてみました。

あなたはいくつ当てはまりますか?

 

スポンサーリンク

「嫌がることをしない」のが大前提

 

人と人とのお付き合いでもそうですが、猫が嫌がることをしないというのが大前提ですね。人と猫が快適に暮らすにはお互いに信頼関係を築き、猫ともいい距離を保つことが大切です。

では猫に嫌がられる行為とはどんなものでしょうか。

 

1.しつこくしない!

いくら可愛いからといって、猫が求めていないときにしつこく触ると猫もストレスを感じます。やりすぎはNG!猫っ可愛がりもほどほどに…。

2.無視しない

これも人間関係と似ていますね。猫が態度や鳴き声でアピールしてきたとき、どんなことを訴えているのか声をかけてあげて。だんだんと何を言っているのかわかるようにもなって距離が縮まりますよ。

3.大きな音を立てない

猫は視力が弱い(※)反面、聴覚がとても発達しています。ドライヤーや掃除機、インターホンなどの音も非常に不快に感じてしまいます。インターホンは不意になってしまいますが、猫がくつろいでいるところで騒音を立てないなど、できる範囲で気を付けてあげてくださいね。

猫の動体視力は大変優れていますが、静止したものを見分ける視力が弱く、生きているものかどうかを見分けることができないと言われています。
4.臭いに気を付ける

猫は臭いにも敏感です。ミント系の香り、柑橘系の香りなどが主に苦手です。洗濯洗剤や柔軟剤、匂い付きの消臭スプレーなどにも気をつけましょう。特にアロマオイルは命に関わることもあるので、十分注意が必要です。

5.こわがらせるようなことをしない

物を振り回したり、面白がって掃除機で追いまわしたりするのは論外、急な動きや素早い動きに猫は驚いてしまいます。

いたずらを怒鳴ったり叱ったりするもNGです!猫はしてはいけないことを中々理解できません。叱るという行為が嫌がられるので、いたずらをされたら困るものは隠すなどの環境づくりも大切ですね。

 

猫が飼い主に送る大好きサイン♡

あなたはいくつ当てはまりますか?一緒にチェックしてみましょう。

☑喉をゴロゴロ鳴らす

猫は機嫌が良く幸せを感じているときに喉をゴロゴロとならしますね。緊張、不安、恐怖や痛みを感じるときにも喉を鳴らすことがわかっているので、気をつけたいですね。

うちの子はしょっちゅうゴロゴロ喉を鳴らしてしまいます。ニャンニャン不満も多いですけどね。
☑そばで寝る

猫は大好きな飼い主さんと一緒に寝たり、体の一部をくっつけて寝たりします。

夏場は一人で寝ていますが、冬になると花太郎くんも私の枕の上にのり、私に背中(お尻)をくっつけて寝ます。少しクサイけど、可愛いです。また、私の腕を抱きかかえて寝るときもありますよ。
☑しっぽをピンと立てる

子猫が母猫におしっこやうんちをきれいにしてもらうときに見せるしぐさで、子猫のような気持ちで飼い主さんに接しているという安心感と信頼の表れです。

この行動も、我が家ではよくみられます。
尻尾は口ほどに物を言う⁉猫のしっぽが果たす3つの役目とカギしっぽのルーツ
猫のしっぽは、猫の種類や個体によって、長さや形がさまざまです。 長さや形が違えど、しっぽの動きで猫の気持ちを読み取...
☑スリスリしてくる、頭突きをする

この行動は、大好きな飼い主さんに自分の臭いをつけたりして、「この人は私のもの♡」と周りにアピールをしています。

うちの子は、スリスリするのもされるのも大好きです。うっとりした顔もまた可愛いですね!

 

☑自由にさらわらせる

猫は基本的に顔や体を触られることを好みません。そんな猫でも、母猫のように思っている飼い主さんになら、どこを触ってもまず怒ることはありません。

どこを触っても何の文句も言いません。ずっと触ってて~って感じです。

 

☑お腹を見せる

寝転がって無防備な姿を見せてくれるのは、警戒心がなくその環境に安心しています。お腹を見せてクネクネしているのは、一緒に遊んでほしいとか構ってほしいと思っているのかも。

お腹を触って喜ぶのは、犬だけだと思っていましたが、花太郎くんのお腹を触るとあお向けになって、もっと触って!とアピールします。
☑目を見てゆっくり瞬きをする

猫が目を合わせるのは基本ケンカを売るときです。まばたきなんてしたら、相手に隙を与えてしまいますよね。でも心を許した飼い主さんを見つめるときは、ゆっくりと愛らしく瞬きをします。

普段から私は花ちゃんの注目の的で、視線を感じると一直線にみられてます(笑)甘えたそうな時はゆっくり「しぱんしぱん」と可愛らしく瞬きをしています。

 

☑飼い主の体の上や近くでふみふみ

私の祖母はこのふみふみ行動を「もちこね」といっていました。もちこねふみふみ…。母親のお乳を飲んでいたころの名残ですね!

生後8~9ケ月くらいまでは決まった毛布を吸いながらゴロゴロふみふみしていて、その頃1度だけ、私の服を吸いながら二の腕をゴロゴロふみふみしました。その後は乳飲み行動から卒業したようです。今はふみふみというより、手首に少し力が入ってる時がそうなんでしょうか?
☑お出迎えしてくれる

帰宅後、私にはお迎え付きで、夫にはお迎えは付きません(笑)
☑あとをついてくる
帰宅後、そのまま後をついてきて、自分の行きたいところ(脱衣所の珪藻土マットのところなど)に誘ってきます(笑)
☑ひざにのってくる
私がドレッサーに向かって座っているときに限り、膝に乗ってくることはありますが、基本、抱っこを好まず、膝にも自ら乗ってくることはほとんどありません。

 

顔をなめてくれる(グルーミング)
猫からの愛情がとても伝わってきて嬉しい行動ですが、痛い(笑)猫もグルーミングすることで満足感を得てくれているようですが、途中で辞退することが多いです(笑)

 

お土産を持ってくる

猫は自分でとった獲物を得意げに見せてくれることがあるそうです。この行動は雌猫に多く、「何もできない大きい猫(飼い主さん)」を子猫のように思い、わざわざ取ってきてくれるらしいのですが。。。ありがた迷惑であっても、決して叱らないであげてくださいね。

この経験はどの猫からも一度もないですね。よかった(笑)室内飼育の猫でも、お気に入りのおもちゃを持ってきてくれることがあるそうで、花太郎くんは私が投げたお気に入りの猫じゃらしを、犬のように取りに行って届けてくれますが、これと関係した行動なのでしょうか。

私は11個該当しました。

猫の性格にもよると思いますが、大好きサインが送られてきたら、飼い主さんに相手をして欲しい気持ちの表れなので、猫のどんなことを求めているのかという要求に応じて可愛がってあげましょうね。

 

まとめ

いかがでしたか?

毎日の暮らしの中で、おうちの猫たちは私たちに愛情サインをたくさん送ってくれていますね。猫のこれらの行動は、猫自身も満足し、飼い主と家族を幸せにしてくれます。

いくら可愛がっても要求の多いうちの子ですが、まだ何を言っているのかわからないこともありますので、より信頼関係を深めるためにもしっかりと可愛がってあげたいと思います。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました