災害時にも使える!猫壱シンプル&機能的リュックキャリーがオススメ!

口コミ・レビュー

お家で猫を飼われている方はどんなペットキャリーをお使いですか?

ハードタイプのものからスリングバッグのようなものまで、幅広くありますよね。

我が家では、ソフトタイプのポータブルキャリーを使っています。病院の待合室でも膝の上にキャリーごと置けて、飼い猫の体温も感じることができるので、気に入っています。

今回はポータブルキャリーとは別で、リュックキャリーを購入した理由とオススメな点を私の口コミを交えてご紹介いたします!

災害時の備え『猫用防災グッズ基本の10選』避難袋の中身をリストアップ! 
台風や地震、水害や火災など、いつどんな形で起きるかわからない災害時の備えはしていますか? 『人間の避難袋は用意した...

 

スポンサーリンク

リュックキャリーを購入した理由

普段使いのキャリーがあるのにリュックキャリーを購入しようと思ったのは、災害時の状況を想定したからです。

我が家の場合、主人が夜勤体系の仕事柄、一日家を空けることが常日頃あります。万が一、自宅に私と猫だけしかいないときに災害が発生したことを想定すると、ひとりで何とかしなくてはいけません。

その際には自分の荷物を持ったうえで、ペットとペットの避難具を持ち出さなければいけない状況になります。

そうすると、自分用の避難具は重量があるので背面に背負うとしても、ペットを入れて運ぶペットキャリー、ペット用の避難具、避難先で使うソフトゲージを持ち出そうとすると…。

仮に持ったとしても遠くまでいけないですし、猫の体重も5キロ近くになりますので大変です。

持ち出し荷物の選定も重要ですが、もし避難途中に荷物の重みや何かのはずみで手を放してしまったらと考えたら、猫を胸元に背負うことができるものが移動もしやすく安心ですよね。

 

引用:猫壱HP

背中にも背負えて前面にも使える、こちらが便利だなと思いました。

 

私の口コミ① 商品を開封して実際に見ていきます!

当たり前ですが、ピカピカの新品。花太郎くんに新調です。

 

ちょっと箱が大きめですが、恒例のお清め(笑)

 

取扱説明書が入っています。適用体重は約6㎏までとなっています。

 

裏面は猫の足跡模様が入っていて可愛らしくなっています。

 

内側には、飛び出し防止用のリード金具がついていて、首輪やハーネスに取り付けて使います。

 

リュック上部と両側面にメッシュが入っています。上部は、マジックテープが付いたカバー部分をはがすとメッシュから中の様子を確認できる作りになっています。

 

裏面はクッションがしっかりしていて、クッションの溝は深めな構造になっているので、熱がこもりにくい仕様になっています。

 

底部に敷くパレットが付属されており、パレット裏面にはマジックテープがついています。リュックサック本体の内底部にもマジックテープがついているので、移動中にもパレットがずれないようになっていますね!

また、このパレットがあることで猫の体重が一部にかかっても、リュックサックの形がよれにくくなり、内側の空間が狭まらないようになっています。

 

リュック正面に大きく一つと、片方の側面に2つのポケットがあります。

側面のポケットは、写真向かって左側が折りたたみ傘、右側にペットボトルを入れる仕様になっていて、ポケットの大きさが左右違います。

 

正面には、650mlの麦茶と夕張メロンソーダ420mlが同時にらくらく入りました。

猫をキャリーにいれた状態でペットボトルや傘をポケットに入れても、内側の猫の空間が圧迫されるようなことはなさそうです。

側面のポケットは、入れる前は「ペットボトルなんて入るのかしら?」と思うような大きさに見えたのですが、思った以上に伸縮性があり、リュックを背負った状態で前かがみになっても抜け落ちることはなさそうです。

私の口コミ② 実際に入っていただきます!

いつもはニャンニャン甘えん坊さんの花太郎ちゃん。何かを察して近寄ってきません(笑)

なんとかとっ捕まえて、入ってもらいました♪

 

横からもお顔を見ることができます。

 

花太郎くんの体重は約4.3キロ、キャリーの重さは1キロ前後です。実際に背負ってみると大人しくしています。緩いかとおもった肩紐ベルトも、よい感じに猫の体重が分散され、肩にしっくりひっかかります。自分用の避難具を背負っていない状態ではありますが、重たいということはありませんでした。

リュックを前面に背負った状態で上のメッシュカバーを開けると、こんな感じで猫ちゃんを確認することができますよ!

 

猫入りのリュックを背負った状態空のリュックを背負った状態私自身の体重の3つを体重計で計測し算出しました。おおよそという感覚でとらえていただければと思います。

花太郎くんが中に入っている状態で、前背負いからリュックを降ろしてみました。肩のベルトにクッションが入っているので、ベルトがくねることなくスっと降ろせます。その時に自然といい場所に持ち手のリングがあり猫が入っていても、降ろす動作がとてもしやすかったです。

 

花太郎くんが中に入った状態で、テーブルに降ろしてみました。こちらもベルト芯がくねることなく降ろしやすいです。

病院の診察室でも、降ろしやすいと思いました。普段使いにもよさそうですね。

 

あったらいいなと思うところ

身長160センチの私が使用した感想です。肩紐ベルトが長めに作られています。

まず中身が入っていない状態で前背負いをしたところ、肩紐ベルトが一番短く調整された状態でも長く感じました。そのままだと前かがみになった時や移動時に肩紐ベルトが抜け落ちてしまいそうに思えて、登山のリュックにあるようなカチンととめるプラスチックバックルで抜け落ちないようになっているほうがいいのかなと思いました。

 ☜プラスチックバックル

 

次に猫を入れた状態で前背負いをした場合は、猫自身の重みがかかって中身が空のときとのような抜け落ち感が軽減しました。これを想定にいれた肩紐ベルトの長さなのかしら?とも思えましたが、まだ小さく体重が軽い猫ちゃんだと、空の状態で背負ったときと似た感じになると思いました。

 

まとめ

いかがでしたか?

避難時にはどのような事態になるか誰にもわかりませんよね。もしかしたら自分自身も外出先で被災し自宅に戻れないのかもしれません。

予測できることで対策可能なことは、やっておくに越したことはありませんよね。

少しでもご覧いただいた方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました