効果が実感できる! haru kurokamiスカルプの使い方とコツ

口コミ・レビュー

haru kurokamiスカルプで髪を洗うと、髪がきしむという口コミをよく見かけます。

私自身、haruシャンプーを使っていて髪にきしみを感じていますが、

日を追うごとに髪のきしみ感が改善してきました。

 

こちらでは、haru kurokamiスカルプシャンプーの効果的な使い方コツを同梱のパンフレットと私の主観を交えてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

効果が実感できる使い方

髪を本当にきれいにするには、髪をつくる頭皮を元気にすることが大事

haru kurokamiスカルプ 使い方BOOKより

 

植物を育てる場合にも、土に栄養分や水分がなければ育ちません。

頭皮にも同じことが言えるのではないでしょうか。

髪はずっと同じ毛が伸び続けているわけではなく

約2年から6年をかけて「成長期」→「退行期」→「休止期」を経て生え変わります。

約2~3ヶ月ほどの休止期間の後、また新しい髪の毛が生えるというヘアサイクルを繰り返しています。

皮脂や洗い残し、整髪剤などの毛穴汚れが蓄積すると、

頭皮のヘアサイクルを乱し、成長期の毛髪の抜け毛を促進してしまいます。

まずは頭皮環境を整えてあげることが大切ということですね♪

 

1.自分にあった”使用量”で洗う

蓄積された汚れを取り除き、栄養が頭皮と髪全体にいきわたるよう、髪の長さや量に応じて使用量を調整しましょう。

 

  • ショートなら2プッシュ
  • ボブなら2.5プッシュ
  • セミロングなら3プッシュ
  • ロングなら4プッシュ
ポンプ下までしっかり押して「1プッシュ」♪
使用量が足りないと汚れが落ちきれず栄養が届きにくくなるそうです。
私の場合は髪が多めで胸位の長さなので、3.5プッシュくらい使っています。
適量で使うことが大切のようですね。

 

2.ブラッシングで汚れやほこりを落とす

シャンプーをする前にブラッシングをしておくと、髪の毛についている汚れやホコリを落とすことができ、シャンプーの時に絡まりにくく泡立ちも良くなります。

毛先から順番にブラッシングしていき、最後に根元から毛先にとかしましょう!

 

3.前洗いはぬるま湯で丁寧に
  1. シャワーヘッドを頭皮に密着させながら頭皮全体を濡らします(1分程度)。
  2. 髪と頭皮全体にお湯をなじませたら、シャワーを当てながら指の腹で頭皮をマッサージするように洗っていきます(2分程度)。そうすることで、頭皮の血行がよくなり毛穴につまった汚れが浮き上がってきます。
前洗い(予洗い)を丁寧にすることで、シャンプーの泡立ちが全く違ってきます。 2度洗いをしたりシャンプーの量を増やさなくても大丈夫ですよ!
熱すぎるお湯は髪のキューティクルが開きダメージの原因に。ぬるま湯がベスト。

 

4.シャンプーと泡パック

頭皮をマッサージするように洗います。さらに泡で2~3分パックすると栄養成分が頭皮に浸透して、リンスやコンディショナーがなくてもつやつやに仕上がります。

使い始めて1週間くらいから、シャンプーの後の濡れ髪につやつや感を感じるようになりました。

 

5.すすぎも念入りに

すすぎが不十分でシャンプーが残ってしまうと頭皮の炎症やフケ・吹き出物などの頭皮トラブルの原因となってしまいます。

耳の後ろや襟足を意識的にしっかりと流します。シャワーヘッドを頭皮に直接あてて、前洗いの時と同じ要領でシャワシャワすすぎましょう。

 

6.やわらかタオルでしっかり水分をおさえます

髪がぬれたままの状態で放置すると、細菌の繁殖の原因になってしまいます。濡れ髪は「キューティクルが開いた状態」になっていて傷つきやすく痛みの原因に。

お風呂上がりのふやけた肌も、固いタオルでこすると皮膚が傷つきやすいのと同様に、タオルドライはやわらかいタオルでするのがベストです。

つい襟元からタオルでバサバサとやりたくなってしまいますが、優しく優しく♪

 

7.根元から乾かす

はじめに強温風で、乾きにくい根元から乾かします。8割程度乾いたら、仕上げに弱温風~冷風でしっかりと乾かします。仕上げに弱温風~冷風を使うことで乾かしすぎを防いで、髪のまとまりをキープすることができます。

私は最後まで強風で乾かしていたことが乾燥や痛みの原因になっていました。haruシャンプーに変えたときに感じたパリパリ感はこのせいだったのかも。

 

一緒に使うと効果的♪ヘアミネラルエッセンス

シャンプーと一緒に購入したヘアミネラルエッセンスをタオルドライの後に髪につけて乾かしています。髪全体にスプレーして髪にもみこむようになじませることで、仕上がりの髪がパリパリしたりきしんだりしなくなってきました。

私が一番気になっていた「乾かすときのきしみ」も、だんだんと気にならなくなってきました。

ヘアミネラルエッセンスは、私のようなきしみを感じやすい人には、きしみを押さえ、効果を実感する手助けをしてくれると感じています。

haruショップさんによると、ヘアミネラルエッセンスを塗布した後、2~3分なじませると効果的なんだそうで、私も実践しています。また紫外線によるダメージケアや空調によるパサつきに対するケアとしてもおすすめなんだそうですよ!

もしエッセンスを使わずharuシャンプだけだったとしても、ゆっくりと同じような効果に近づいていくじゃないかと私は思います。

「効果を早く感じたい!」 「のんびりだなんて、それまでに挫折してしまいそう!」という方は、ヘアミネラルエッセンスの併用がお薦めですよ♪

 

まとめ

私自身、haruシャンプーを使い始めたばかりのころは髪にまとまりがなく、特に乾かすときにきしみやごわつきを感じていました。このままのきしみを感じながら使い続けると髪が傷んでしまうのでは!?と心配になりましたが、丁寧に洗い使い続けることでシャンプーの成分が髪に浸透して効果を実感する場面が徐々に増えてきました。

私が一番気になっていた「乾かすときのきしみ」も、ずいぶんなくなりこのままいけばもっと良くなるのかなと思っています。

この記事が髪のきしみごわつきなどの使用感に不安があった方の参考になれば嬉しいです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました