尻尾は口ほどに物を言う⁉猫のしっぽが果たす3つの役目とカギしっぽのルーツ

猫との暮らし

猫のしっぽは、猫の種類や個体によって、長さや形がさまざまです。

長さや形が違えど、しっぽの動きで猫の気持ちを読み取ることができます。

 

我が家のお猫さま「目は口ほどに物を言う」

花太郎くん: 遊んで!

すごい圧です(笑)

 

この記事では、猫のしっぽの役目と、尻尾の長さや形のヒミツ(カギしっぽのルーツ)について調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

猫のしっぽが果たす3つの役割とは

猫のしっぽは18~20個ほどの背骨から続く尾椎という短い骨が連なってできています。尾椎の周りにそって12個もの筋肉がついており、しっぽの先まで神経が通っています。

これによって、前後左右に自由にくねらせたり、小刻みに動かしたりすることができるのだそう。では猫のしっぽにはどんな役割があるのでしょうか。

 

1.バランスを取っている

猫はしっぽでバランスを取っています。だから、狭い場所や高いところなどの不安定な場所でも、俊敏に移動することができます。高いところから飛び降りるときにも、バランスを崩すことなくうまく着地するのは皆さんもよくご存じですよね!(くるりんぱ♪)

 

我が家の先住のお猫さまは、たまに着地に失敗していました(笑)失敗したとき、猫はイライラしているらしいので、そっとしておいてあげてくださいね。

 

2.マーキング

尻尾の付け根にある臭腺から猫それぞれ特有のにおい(フェロモン)を分泌しています。自分の縄張りににおいをつけることで、猫はホッと一安心することがでるんだそうですよ。

また、大好きな飼い主さんに自分の臭いをつけたりして、「この人は私のもの♡」と周りにアピールをしています。自分のにおいを相手につけるのと同時に相手のにおいを自分につけることで、においの交換をしています。このお互いのにおいが混ざり合った状態が猫にとっては一番落ち着くのだそう。

 

飼い猫にスリスリしてもらうのは、気持ちが癒されますよね。けど、お尻がくっつきそうなときはちょっと注意してます(笑)
3.コミュニケーションツール

これまで紹介した通り、しっぽの役目はいくつかありますが、中でも感情表現に一番長けています。しっぽがどんな位置にあり、どんな動きをしてるのかで、猫の気持ちを推測することができますよ!

 

しっぽをピンと立てているとき

子猫が母親に近づくときによくみられるポーズです。信頼関係があって、甘えたい相手に見せる行動なんですよ。仲良しな猫同士のあいさつの時もしっぽピーンでスリスリっと♪

 

しっぽを垂らしている

得体のしれないものを観察したり警戒したりして、臨戦態勢になっているときのしっぽ。

ただダランと垂れ下がっているのではなく、尻尾の根元には緊張感が走っております。

 

びっくりするとしっぽがボンバーに

何かに驚いたり怒ったりすると、全身の毛が逆立つことで、しっぽもタヌキのように膨らみます。

 

さらに全身全霊で逆立ちます

ほんとは恐怖心でいっぱいなのに、自分を大きく見せて相手を威嚇しちゃってます。たぶん足元にちょっと大きいカエルとかカブトムシ(そこにはいないか!(笑))とかがいて、威嚇してそうにも見えます。

 

うちの花太郎ちゃんはビビりすぎて、この状態のまま欽ちゃん走りのように斜め後ろに走ったりしてました(笑)

 

しっぽで返事をする

猫は飼い主さんに呼ばれたとき、目は閉じたままでしっぽでフリフリとお返事することがありますよね。名前を呼ぶとニャーンと答えてくれる子も、面倒な時はしっぽでフリフリとあしらいます。

猫さま:「はいはい~、聞いてます、聞いてますよ~!」

 

先住猫さまが生きていた頃、しっぽでお返事をしてくれているのを知りながらしつこく名前を呼び続けていたら、次第に左右に大きくフリフリ!上下にバンバン‼(笑)イライラさせたようです(笑)

 

他にも、ピンと立てた尻尾をプルプルと震わせて喜びを表現したり、しっぽを股の間に挟んで降参を表現しているなど、しっぽ一つで揺らし方は様々、猫のしっぽは表現力豊かですね。

 

しっぽの長さや幸運のかぎしっぽのルーツは?

どうしてしっぽの長さや形が違うの?

日本の猫は平安時代に中国から来たと考えられています。

しっぽの太さは個体差によるのですが、しっぽの短さはしっぽの長さに関わっている遺伝子の突然変異によるもので、遺伝が深く関係しています。18~20個くらいあるはずの尾椎の数が少なかったり、骨と骨がくっついてしまったり、また両方の組み合わせになることもあるんだそう。

短いしっぽの遺伝子は優勢のため、父猫か母猫のどちらかのしっぽが短ければ、しっぽの短い子猫が生まれてくる可能性が高くなります。そして、その数もだんだんと増えていきました。

 

西洋にはしっぽのバリエーションはあまりないようで、カギしっぽや丸いしっぽのルーツは中国にあるようですね。
長崎県の猫は半数以上がカギしっぽ

長崎県では、7割もの猫が短いしっぽを持つのだそうです。江戸時代に日本は鎖国をしていましたが、長崎の出島だけがオランダとの交易を許されていました。当時、交易をおこなっていたオランダの会社の拠点であるインドネシアから船が来ていたのですが、このときネズミ除けとして乗っていた猫たちが出島から入り、長崎に居ついたと考えられます。

インドネシアも世界最多の島を抱える国であり、長崎も日本で一番島の数が多い県です。「島」は、短いしっぽの猫が増える重要なキーワード。普通であれば淘汰されてしまう可能性がある短いしっぽの猫も、島のような隔絶された天敵の少ない環境であれば、生き残って子孫を増やすチャンスがあるからです。インドネシアという島で生まれた短いしっぽの猫たちが、長崎という島の多い土地柄でさらに増えていったのかもしれません。

にゃんペディアより

 

先端が折れ曲がった”カギしっぽ”の猫は日本猫に多いと言われていて、特に長崎県はカギしっぽの猫が半数以上いるとも言われています。

先述の通り、西洋ではしっぽのバリエーションがあまりなくカギしっぽがレアなため、出会うとラッキーな猫なのだそうです。さらにしっぽの先がフックのような形をしているため、「幸運が引っかかる」ことから、縁起がいい猫とも信じられています。

 

まとめ

いかがでしたか?

猫のしっぽは猫の運動能力にも関係し、猫の大事なコミュニケーションツールでもあったのですね。

私もこれまで猫を数匹飼ってきた経験がありますが、しっぽがまっすぐの猫の方が少なく、短めのカギしっぽちゃんのほうが多かったように思います。

 

また猫のしっぽは脊椎神経ともつながっており、非常にデリケートです。

弱いところを触られるのを嫌がる猫ちゃんも多いですので、無理には触らないようにしましょう。グルーミング大好きな猫ちゃんのしっぽに触るときは、優しくなでる程度にとどめましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました