認知症予防には「サウナ」と「シークワーサ」が効果的⁉たけしの家庭の医学

たけしの家庭の医学

2019年10月15日放送 テレビ朝日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」

認知症を防ぐ生活習慣と、抗認知症成分「レビノチン」を豊富に含むスーパー食材が話題となりました。

 

  • 認知症になりやすい体型とは?
  • 認知症を防ぐスーパー食材とは!?

 

これ以上 脳を老けさせない「生活習慣」と「食材」の二つについて、

深掘りしてみました!

 

スポンサーリンク

認知症になりやすい体型とは!?「リンゴ型」!

肥満遺伝子により、日本人の体型は大きく分けて3つに分類

  • リンゴ型(β3AR遺伝子)・・・お腹が丸く突き出る「内臓脂肪型」タイプ
  • 洋ナシ型(UCP1遺伝子)・・・お尻~太ももに皮下脂肪がつくタイプ
  • バナナ型(β2AR遺伝子)・・・細身で筋肉が付きにくい「逆肥満遺伝子」タイプ

参考:あなたの肥満遺伝子をチェックしよう

 

認知症と関係の深い「内臓脂肪」

最近の研究では、認知症の背景に内臓脂肪が関わっていることがわかってきました。

内臓脂肪では、アディボサイトカインという炎症物質が作られ、脳で真っ先に神経細胞を破壊するそうです。

 

アルツハイマー型認知症の患者さんの60%が内臓脂肪の面積が基準値を超え、

メタボな人は認知症の発症率が6倍以上高くなります。

引用:幻冬舎plus「ここまでわかった!認知症のかげに内臓脂肪あり

内臓脂肪から分泌される悪玉物質が、脳の神経細胞を破壊するアミロイドβ(たんぱく質)を脳に蓄積させるようです。

また、内臓脂肪がたまると、アミロイドβを分解して神経細胞を守る「インスリン」の効き目が悪くなり、神経細胞を保護できなくなってしまうのです。

引用:幻冬舎plus「ここまでわかった!認知症のかげに内臓脂肪あり

 

 

 

ひも1本で簡単!ヒップチェック「認知症のリスクを診断」

国立循環器病研究センターの認知症の名医 猪原匡史先生が教えてくださいました。

認知症のサインの一つとして、肺白質が委縮すると、意欲が低下し、やる気がなくなるんだそうです。

そこで、認知症のリスクをひも1本でチェック!

  1. ビニールひもを適当な長さに切る
  2. お尻の一番大きい部分に巻き付けて結ぶ
  3. そのひもをそのままお腹周りまで引き上げる

☞ そのまま通ればOK! 通らなければ認知症の危険あり⚠

 

 

脳を老けさせない”生活習慣”とは?

番組内では、肺白質を増加・維持して認知症を予防する方法として、サウナに定期的に入る生活習慣が紹介されました。

2017年サウナ大国フィンランドで、サウナに週4日以上入る人とそうでない人を20年以上に渡り追跡調査したところ、週4日以上サウナに入る人はそうでない人と比べて、認知症の発祥数が焼く66%少ないということがわかったそうです。

サウナに定期的に入ることで、脳の血流量が増加し、認知症の兆候である「やる気のなさ」に改善がみられるという検証結果が見られました。

さらに効率的なサウナの入り方も紹介されました。

 

効果的なサウナの入り方は「温冷交代浴」

「名医がオススメする脳の血流をアップするサウナの入り方」とは温冷交代浴でした!

 

【温冷交代浴のやり方】

80℃のサウナに5分~10分入った後、水風呂に入ります。

  1. シャワーを浴びて体を慣らす
  2. サウナに入る前には体の水分をしっかりとふき取ること(体温が上がりにくくなるため)
  3. 無理をして長く入らず、汗ばむ程度を目安にする(5~10分程度)
  4. 水風呂に入り、「きもちいい」と感じる程度に30秒ほど入れば十分。肩までつかる必要もなし!

 

認知症予防の切り札「ノビレチン」!そのスーパー食材とは!?

”ノビレチン”は柑橘系の植物に多く含まれる成分ですが、飛び抜けて含有量が多いのがシークワーサーです。

番組内で紹介されたのは、”酸を食わすもの”シークワーサーでした!

沖縄の方言でシーは「酸」、クヮーサーは「食わせるもの」、「酸を食わせる(加える)」という意味でシークワーサーと呼ばれているそうです。

今回、番組で詳しく解説してくれたのは、愛知県の国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生でした。

 

シークワーサーの購入方法

シークワーサーの収穫時期は9月~12月で、年3回の収穫ができるそうです。

中でもノビレチンを多く含むシークワーサーは、10月頃に採取されたものだそう。

ドリンクで摂るのがお手軽ですが、その時は、「青切り」と記載のあるものがよいそうです!

ぜひご参考になさってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました